Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

【PR】マフィア梶田,iiyama PC製ゲームノートPC「15GSX8050-i7-YTB」の完成度に本気で驚く

 思い返せば2年ほど前。筆者はハードウェア関係のライターじゃないのに,何かの間違いでワイヤレスヘッドセットの広告企画を担当することになった。結果,褒めてるんだかなんだかよく分からないシロモノができあがってしまい,それからハード関係の仕事が継続して来るでもなく。
 そんなわけで通常営業に戻り,ゲームライターとして原稿を書く平和な日々を過ごしていたのだが,現在,筆者の眼前には購入した覚えのないiiyama PCブランドのゲーマー向けノートPC「15GSX8050-i7-YTB」が鎮座している。そう,また4Gamerが送りつけてきたのだ。

 待って待ってちょっと待って。ヘッドセットのときはそりゃあ,装着した感覚を語るだけでもなんとかなったけれど,高価なノートPCはダメだろう。PCに対して,「ゲームとエッチな動画が楽しめて,ついでに原稿も書ける便利な箱」くらいの理解度しか持っていない筆者が触っていいものじゃないだろう。
 そもそも,名前からして理解不能だ。15GSX8050-i7-YTBって何なんだ。何を表しているんだ。こんなの覚えられないし,いちいちコピペするのが面倒だ。最後の「YTB」は,もしかしたらTKB,すなわち乳首と何らかの関係が……? もういいか,愛称「チクビ」で。

 ……え? お前がバカなのは重々承知してるから,今回もスペック周りの話はスルー? ただ使って感想書くだけ?
 あー。分かった,そういうことか。ステマ(※捨てる気マーケティング),ってやつなのかな? しょうがないにゃあ……。いいよやるよ!

新生FFXIV」が最高品質で動く!
筆者の偏見を払拭してくれた“チクビ”

GS,iiyama PC  まぁ,そういう感じのアレで,この何やらスゴいらしいノートPCの使い心地を読者の皆様にお伝えしていくわけだが,よくよく調べてみると,すでにスペックとかベンチマークテスト結果とか,FPSプレイヤー目線から見た使い勝手とかが,もう十分すぎるほど語られているという,驚きの事実が判明。これもう俺,いらないんじゃないの?

 いきなりモチベーションが地を這ってるのだが,引き受けたからには投げ出すわけにもいかない。じゃあ,せめてゲームのジャンルで差別化を図ろうということでMMORPGである「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」(以下,新生FFXIV)をプレイすることにした。うん,やはりPCでゲームといったら,個人的には洋ゲーかMMOである。
 それに,新生FFXIVでは以前,「マフィア梶田の珍生エオルゼア」という珍妙な連載もやっていた。縁があるといえば縁があるので,最適なタイトルだろう。

ただ,PCゲーマーの大半が同様の意見だとは思うのだが,ハードウェア要求スペックの高いタイトルは,基本的にデスクトップPCでプレイするものだと筆者は思っている。ノートPCは,ゲームをプレイするうえではあまり期待できないというか,いろいろと不便なんじゃないかという印象があるのだ。
 まぁ,冒頭でも語っているように,そもそも筆者にはスペック云々がよく分かってないから偏見でしかないのだが,いずれにせよ,チクビに対してもこのような感じで,マイナスイメージからのスタートだった。

GS,iiyama PC  ところが,だ。まずは箱から出してマウスやら何やら接続しつつプレイ環境を整えてみたら,思ったより悪くない。ノートPCは画面も狭く,華奢で頼りない感じがどうにも苦手で,筆者はイベントなどに出張して原稿を書くときにしか使わなかったのだが,このチクビは無骨で頑丈そうだ。サイズがそこそこ大きめなので,デスクトップPCとまではいかなくても,どっしりした安心感がある。

CABAL

メガテン

アーキエイジ