Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

観測史上初、都心5日連続猛暑日…8日連続の可能性も

 日本列島は4日、高気圧に覆われて強い日差しとなり、群馬県館林市で同日の国内最高38・5度に達するなど、最高気温が35度以上の猛暑日や30度以上の真夏日となる地点が相次ぎ、厳しい暑さに襲われた。東京都心も35・1度に達し、観測史上初めて5日連続の猛暑日を記録した。

 気象庁天気相談所によると、都心で4日連続の猛暑日を記録したのは、1875(明治8)年の観測開始以来5回あるが、5日連続は初めて。「高気圧に覆われた気圧配置が続いているのと、7月下旬から都心では雨が少ない状態です。雨が降らないと気温は下がりにくくなりますし、熱帯夜にもなります」と説明した。

 5日以降も最高気温の予報は35度(5日)、36度(6日)、35度(7日)となっている。8日になると32度とやや落ち着くが、予報通りにいけば8日連続猛暑日となり、空前絶後の記録になりそうだ。

 天気相談所では「クーラーの利いた公共機関を利用するなど、しっかりと熱中症対策をしていただけたら」と呼び掛けている。

 気象庁は各地に高温注意情報を発表。最高気温はほかに、福島県伊達市茨城県大子町で38・3度、岐阜県多治見市で38・0度、高知県四万十市で37・6度、京都市で37・3度などを観測。仙台市の35・2度、札幌市の31・9度は今年最高だった。

ラテール RMT